エーチームグループ所属者情報

芸能事務所エーチームグループ(エーチーム・エーライツ・エープラス)所属者のニュースを発信。

タグ:酒井若菜


酒井若菜


酒井若菜、“脇役”で重要な地位を築く テレ東のピンチを救った『絶メシ』投稿も話題に

松重豊主演の『孤独のグルメ』シリーズに次ぐ、と言っても過言ではなかろう人気を誇るテレビ東京の飯テロドラマ『絶メシロード season2』が放送中だ。毎週金曜日の深夜にひっそりと放送されているが、『孤独のグルメ』と同じくコアなファンが多い。実は10月10日、season2の第7話が再放送される予定だったが、何かの手違いで2020年に放送されたseason1の第7話がオンエアされたことが話題になった。そんな異例の放送事故にも視聴者から好意的な意見が番組公式Twitterに寄せられていたのが印象的だ。

グルメサイト「絶メシリスト」を原案とした本作は、 濱津隆之演じる平凡なサラリーマン・須田民生が週末に絶滅しそうな絶品メシ=絶メシを求めて、一泊二日の車中泊の旅に出る姿を描いている。再放送のトラブル時に民生の妻・佳苗役の酒井若菜(エーチームグループ・エーチーム)も自身のTwitterで「絶メシが好きなかたはこういう緩さも込みで楽しんでくれそう」とコメントしているように、このドラマは何の気負いもせずにゆるりと観れるのがいい。



酒井若菜、濱津隆之


もちろん、ドラマのメインである実在の絶メシにまつわる人情話に胃のあたりがポカポカさせられるのだが、個人的にseason2は民生と佳苗のやりとりも大きな見どころになっている。season1では高校生だった娘の紬(西村瑠香)が卒業後に家を離れ、何十年ぶりかの夫婦2人暮らしが始まった。相変わらず妻強しの須田夫婦だが、以前よりも本当にほんのちょっぴりだけど甘いムードも漂っている気がする。お互いに干渉することなく、だけど優しさも愛情も確かに感じられる2人の距離感に癒されている人も多いだろう。そして家庭でも会社でも立場の弱く、常に困り顔の濱津もいい味を出しているのだが、何より酒井若菜の可愛さたるや。今年で芸能界デビュー27年目を迎える彼女だが、昔も今もその笑顔の破壊力はちっとも衰えるところを知らない。

1990年代末、グラビアアイドルとして一世を風靡した酒井若菜。文筆家としても才能を発揮する彼女は自身のブログ、また後に『心がおぼつかない夜に』(青志社)のタイトルで発売されたエッセイの中でも綴っているが、当時アシスタントを務めていた深夜番組でテリー伊藤の目に留まり、その後いろんな番組にタレントとして出演するようになる。この頃といえば、同年代の小池栄子やMEGUMIらも独自のキャラで知名度をあげていた時期。そして3人ともほぼ同じ時期に女優デビューを果たしているが、いち早く演技をメインの仕事にしたのは酒井若菜だった。



酒井若菜


酒井若菜と聞けば、まず宮藤官九郎脚本作『木更津キャッツアイ』(TBS系)のモー子を思い出す人が多いのではないだろうか。かなり振り切って演じたモー子は今日あまり見かけない超ド級のぶりっ子キャラだが、嫌味がなくて真っ直ぐで性別問わず誰もが彼女のキュートさに虜になった。『私立探偵 濱マイク』(読売テレビ・日本テレビ系)や映画『恋の門』などでも人気を博すが、その絶頂の最中である2005年に体調不良による休業を発表。1年後に復帰を果たすも仕事が激変し、大きな挫折を味わった経験を前述したエッセイなどでも赤裸々に綴っている。



濱津隆之、酒井若菜


親交の深いマギー、ユースケ・サンタマリアらが支えに

そんな彼女を支えた存在が著書『酒井若菜と8人の男たち』(キノブックス)の中でも語られているが、マギー、ユースケ・サンタマリア、板尾創路、岡村隆史など名だたる面々の懐に入り込む、良い意味での愛嬌の良さが印象的だ。テリー伊藤も宮藤官九郎もそうだが、とてもじゃないけど放っておけない魅力がそこにある。近年は名脇役としても活躍する酒井だが、モー子のように主張が強いキャラでなくとも、なぜか空気を一変させる不思議な存在感に目を奪われてしまうのだ。

ここ数年、もっぱら母親役を演じることが多い酒井。中でも、『透明なゆりかご』(NHK総合)や『グッド・ドクター』(フジテレビ系)での子育てに追い詰められる母親の、感情が溢れるか溢れないかの瀬戸際を行き来する表情と佇まいが印象深い。『シジュウカラ』(テレビ東京系)や『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日系)で男性の保護欲をくすぐるシングルマザーを演じる中でも、理解できない振る舞いに隠れたその人の葛藤と苦しみを見せてくれた。彼女の著書からも光る繊細でたおやかな感性は芝居にも活かされている。



酒井若菜


大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)で北条政子を演じる小池栄子や、『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』(TBS系)での中村倫也の姉役も記憶に新しいMEGUMIの演技力も高く評価されているが、酒井若菜もまたドラマや映画に欠かせない名脇役として確固たる地位を築き上げている。『絶メシ』シリーズの佳苗はこれまで彼女が演じてきた何かを抱えている母親とは大きくタイプが異なるが、どこかにいそうでいない妻として世界観に馴染みながらも随所に見えるチャーミングな人柄に惹かれる。酒井若菜は主張しすぎず、隠しすぎず。私たちのもっと知りたいを引き出す魅力的な役者だ。



酒井若菜、濱津隆之


ドラマ25『絶メシロード season2』

テレビ東京ほかにて、毎週金曜深夜0:52~1:23放送
ネットもテレ東(テレビ東京HP、TVer、GYAO!にて、放送直後より見逃し配信
ひかりTV、Paraviにて、順次見放題配信スタート
出演:濱津隆之、酒井若菜、山本耕史
原案:『絶メシリスト』(博報堂ケトル)
監督:菅井祐介、小沼雄一、名倉良祐
脚本:森ハヤシ、マンボウやしろ、大歳倫弘
企画・脚本・プロデュース:畑中翔太(dea/BABEL LABEL)
プロデューサー:寺原洋平(テレビ東京)、太田凌介(テレビ東京)、石川竜輝(テレコムスタッフ)
制作:テレビ東京、テレコムスタッフ
製作著作:「絶メシロード season2」製作委員会



酒井若菜、濱津隆之



【ドラマ25】絶メシロード season2 | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)
酒井若菜、“脇役”で重要な地位を築く テレ東のピンチを救った『絶メシ』投稿も話題に|Real Sound
酒井若菜(エーチーム)、ドラマ『シジュウカラ』で板垣李光人の母親役|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜(エーチーム)、いまだ「モー子」と呼ばれることに「光栄だが、時々怖くなる」|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜(エーチーム)、『ホメられたい僕の妄想ごはん』に出演|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」
酒井若菜 | Twitter
酒井若菜 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|酒井若菜




酒井若菜



A&G


酒井若菜


酒井若菜と初対面で緊張の初共演『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』


百田夏菜子とラジオドラマのせかい』(ニッポン放送)12月のゲストとして、女優・酒井若菜(エーチームグループ・エーチーム)が出演。初回は12月3日(金)24時53分から放送された。



酒井若菜、百田夏菜子


ももいろクローバーZの百田夏菜子が、毎週金曜の夜に届けている『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』。本プロジェクトでは毎月1つのテーマを決め、客演となるゲストと百田が1対1で1話完結の6分間のラジオドラマに挑戦する。

この度、12月のゲストとして、酒井若菜の出演が決定。百田と酒井の2人で「佃煮店の店主と店員」「タクシーの運転手と客」「元担任と元生徒」「ワイングラス店の店員と客」という異なるシチュエーションで4役に挑む。

2人は今回が初対面だったため、少し緊張しながらの4話収録となったそうだ。12月ということで全体を通してのテーマは「クリスマス」。収録を終えてのアフタートークでは、酒井自身のクリスマスの過ごし方についての話題に。



酒井若菜


20代の頃は何が何でもクリスマスと誕生日は仕事を入れないようにお願いしていたそうだが、最近になって考え方が変わったという酒井。その意外な理由とは…。アフタートークの模様は番組の公式YouTubeチャンネルで、全4話の放送が終わってから公開される予定だ。

また、今月は12月3日、10日、17日、31日(金)の全4回放送を予定。12月24日(金)は『第47回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン』特別番組放送のため、休止となる。


番組情報

『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』
ニッポン放送
毎週(金)深0・53〜0・59




酒井若菜と初対面で緊張の初共演『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』12月ゲスト | TV LIFE web
酒井若菜(エーチーム)、『ホメられたい僕の妄想ごはん』に出演|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜(エーチーム)、いまだ「モー子」と呼ばれることに「光栄だが、時々怖くなる」|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」
酒井若菜 | Twitter
酒井若菜 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|酒井若菜




酒井若菜



NEW VALLEY


松本まりか


ドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日)


松本まりか(エーチームグループ・エーチーム)が主演を務めるドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第1話が、10月2日に放送。SNS上では、夫婦関係に悩む松本演じる純須純に対し「胸の奥が痛い」との反応があった。

電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万DLを突破し、2020年年間総合2位を獲得した大人の恋愛コミックが原作。“愛はあるのに満たされない何か”を模索していく主人公・純須純(松本)が、“愛する夫から女として求められない妻”という、どうしようもない寂しさを抱える35歳の心のゆらぎを中心に展開される。



松本まりか、池内博之


結婚8年目で夫婦仲はよいものの、夫・武頼(池内博之)との行為が失敗してからセックスはしていない。子供もおらず、何かを変えたかった純は、久しぶりに契約社員として働き出した。そこで、マスクがトレードマスクのクセモノ・真山篤郎(藤原季節)と出会った。​​

その日の夜、仲睦まじく武頼と帰宅し、5年ぶりに体を求めた純。しかし彼からは「そろそろ寝ないと。疲れているし」と断られてしまった。落ち込む純は「私の歳で子供がいないの私だけでさ、みんな当たり前に母親になって、家庭があってさ……。どうして武頼は焦らないの?」「どうして何も考えてくれないの?」と問う。しかし、武頼からは「考えていないわけじゃないって」と返されただけだった。



池内博之、松本まりか


新しく入った会社の飲み会で純は、上司の藤谷賢二(松澤匠)と結婚について会話。武頼の意向もあって式を挙げなかったことを話すと、篤郎が「(自分の意思を)言わないで後悔するなんてクセになりますよ」とポツリ。すぐに藤谷が席に戻ってきたため、そこで話が途切れてしまった。



藤原季節、松本まりか


帰り道、篤郎に発言の真意を聞いてみたが「そのままの意味です」と返された。すると、武頼が女性(酒井若菜)​​と歩いているところを目撃してしまう。衝撃を受けた純は隠れて帰宅。“心”だけは自分のところにあると思っていたのに……。

SNS上では、切ない純の気持ちに寄り添う声が多く「胸の奥が痛い」「あの拒まれ方はショック」「(ベッドシーンがあり)いきなり刺激的」​​とのコメントがあった。



池内博之、酒井若菜



ドラマL『それでも愛を誓いますか?』|朝日放送テレビ
松本まりか“純”、刺激的なベッドシーンも…苦しみを吐露 | テレビドガッチ
松本まりか(エーチーム)がプリキュアの魅力を語る!映画『トロプリ』アフレコ映像が公開|エーチームグループ出演者情報
松本まりか(エーチーム)が「東京、愛だの、恋だの」で好演中|エーチームグループ出演者情報
松本まりか(エーチーム)、TBS系『人生最高レストラン』に出演|エーチームグループ出演者情報
松本まりか | Twitter
松本まりか | Instagram
松本まりか | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|松本まりか




松本まりか



NEW VALLEY


松本まりか


松本まりか、残酷なキスシーンも…「共感を得られるようなヒロイン像ではない」自分に正直に生きるために大切なこと語る


女優の松本まりか(エーチームグループ・エーチーム)が、ABCテレビの10月クールドラマL「それでも愛を誓いますか?」(ABCテレビ<関西>10月3日スタート 毎週日曜よる11時25分/テレビ朝日<関東>10月2日スタート毎週土曜深夜2時30分)で主演を務めている。クランクアップを終えた松本が、主人公・純須純役やドラマについて、共演陣とのやりとりなどを明かした。


同名の話題のコミックを原作とした同作は、30代夫婦が抱く悩みや葛藤を、真正面からリアルに描く“大人の恋愛ストーリー”。夫と結婚してから専業主婦として生きてきた主人公・純須純(すみす・じゅん)が、「子供を産むリミット」「夫に養われ自立できない不安」「30代の再就職」「途切れない夫婦の営みへの憧れ」といった”35歳の壁”と直面する。

松本は、 “妻だけED”という女性にとっての大きな寂しさを抱え、想い合っているのに満たされない…最愛の夫に女性として求められない悩み多き“レス妻”の主人公を演じる。


松本まりか、同作への思い&撮影時を振り返る「試されているな」



松本まりか


― まずは原作を初めてお読みになった感想からお聞かせください。

松本まりか:最初にこのお話をいただいたのは1年前。当時は地上波の連続ドラマでは初めて主演のオファーでした。しかも30代女性の正直な悩みに真正面から向き合ったすごくリアリティのある作品。悩んだり苦しんだりしている方々にとってすごく意味のある作品に巡り会えたなって思いましたし、この作品の題材に責任も感じました。

この物語にはファンタジー要素がなくて、ごくごく日常に生きる夫婦のリアルな関係性を描いているんですね。劇的なドラマは起きないけれど、ほんとに小さなすれ違いの重なりが、セックスレスや、他の人に心が動くきっかけ、そして離婚問題にも…。日常の中にあるささやかなボタンの掛け違いが、登場人物それぞれの視点で描かれていくので、相手側の気持ちや葛藤に共感することもできるんです。それぞれの登場人物を他者理解の視点で観ることのできる作品だと感じました。



松本まりか


― ドラマでは、そうした部分をどのように描いていくのでしょうか?

松本まりか:広瀬奈々子監督は“ちゃんと時間をかけて芝居をして、たっぷりと心のやり取りをしてください”とおっしゃってくださって。1話30分の尺のドラマで、こんなにもたっぷりと芝居をしていいのかな?って思うほどだったのですが、最後まで芝居の間を大切に演じることができました。私にとって、これまでにやったことのない間合いでの芝居でしたが、本当に自由に演じさせてもらえた撮影現場でしたので、すごく貴重で贅沢な経験ができました。



松本まりか


印象的だったのは引き絵の多さです。表情のアップショットでかなしさや切なさを伝えるのではなく、引いたカットですごく客観的にストーリーを紡いでいくので、それぞれの登場人物の内面が生々しく見えてしまうというのがこの作品の特徴的な部分です。だからこそ、役者同士のやりとりが“真実”でないとその時の思いや心のゆらぎが伝わらないんです。そういう面では甘えさせてくれない現場でしたし、役者としては“試されているな”という感じもありましたね。ドラマでは真摯にこの物語と向き合って、物語の中で起こる“現実”をありのままの状態で描いています。純や武頼が選択に迫られたときに“正しい”、“正しくない”という2択だけでなく、いろんな選択肢を想像しながら観ていただける…そんな大人のドラマになっていると思います。


松本まりか、等身大の女性を演じた心境&印象的なシーン明かす



松本まりか


― 純須純という女性を演じてみていかがでしたか?

松本まりか:(しばらく間を置いて)すごく残酷な女性だと感じました。原作を読んだときは、純のことを主観的に描かれていたので、まさか残酷だなんて思ってもいなかったんです。だけど、ドラマ版では、純でさえも客観的に描かれていて、純の残酷さを目の当たりにしました。夫の武頼や、真山くんに対して、純は気を遣っているようで女性が無意識にしてしまうような振る舞いをする。でも、自分の心に正直になればなるほど、相手にとってはすごく残酷なこと。実写だからこそ気づくことができた純の隠れた本質のようでした。


― “自分に正直に生きるためにはどうあるべきか”というテーマも感じます。

松本まりか:そうですね。自分に正直に生きる上で湧き上がる気持ちって、守っていいと思うんです。自分のそういう部分もちゃんと見て、わかって、受け入れて、自分の身にしていくことが大事なんだなって。他人の目を気にして我慢ばかりすることではなくて、たくましく前を向いて生きていく…そういう意味での残酷な一面って、人を魅力的にもするし色気になることもあるとんじゃないかなって。ドラマ版はこの作品をあえて批評的に描いているので、純は共感を得られるようなヒロイン像ではありません。でも、その部分こそが、実はリアルなんじゃないかと思います。夫や夫婦という関係に依存しないで自分自身を生きるためには、自分がもっている残酷さを受け入れて、ちゃんと示すことが大事なんだなっていうことを、純という女性を通して気づけたような気がします。



松本まりか


― ドラマで演じた中で、印象的なシーンについてもお聞かせください。

松本まりか:たくさんあるのですが…長回しのキスシーンは印象に残っていますね。監督が「このキスはすごく残酷なシーンなんです」とおっしゃったときにハッとしたんです。純はこのキスをすることで、自分にも相手にもすごく残酷な決断をする…そのためには演じる上でお互いの気持ちのやり取りがとても大切でした。監督やスタッフさんと役者がしっかりとシンクロできていたので、これまでに見たことのないようなキスシーンを作り上げることができたと思います。


― お話を伺っていると撮影の充実ぶりが伝わってきます。

松本まりか:はい。主演作品で、監督や共演者と正解を見つけていく作業ができたことが、とても贅沢な現場だったなと…初日からクランクアップまですごく幸せでした。


松本まりか、初共演の藤原季節は「親戚のような感覚(笑)」



松本まりか


― そんな現場をともにした共演者のみなさんについてもお聞かせください。純の夫・武頼役の池内博之さんの印象は?

松本まりか:すごく柔らかくてチャーミングな方なんです。実は撮影初日から1週間くらいは真山くんとのシーンを撮影していたんです。年下の男の子といい感じになってきたところで、はじめて旦那さんと会ったので、どうしたらいいんだろうって(笑)。だけど池内さんは、そんな気持ちを感じさせないくらい大きくて穏やかで落ち着いた色気のある大人の男性でした。それでいて、すごくかわいい瞬間もあって(笑)。池内さんって武頼のような日常的でリアリティのある男性役ってほとんど演じたことがないそうなんです。ドラマではこんな池内さんって見たことがないっていうシーンもたくさんあると思います。


― 純に好意を寄せる職場の後輩、真山役の藤原季節さんは?

松本まりか:マスク姿もめちゃくちゃ真山くんで、もうびっくりするくらいハマっていました。この作品ではいちばんキャラクター性のある大事な役で、きっと女子からの人気もすごく集める役です(笑)。季節くんとは初日から芝居の呼吸が合うと感じていて。言葉のキャッチボールが心地よくて、アドリブでも一緒にセリフを言うタイミングが空気感でわかるんです。年齢差や境遇も超えて、なぜか合致してしまう純と真山くんに通じる感覚がありました。


― 藤原さんは、まりかさんが以前にお世話になったことのある松田美由紀さんの事務所所属でもありますね。

松本まりか:美由紀さんからは“季節をよろしくね!”っておっしゃっていただきました。季節くんからは“まりかさんと話していると、美由紀さんと話しているみたい”って言われましたね。初共演だったんですが、親戚のような感覚もありました(笑)。



池内博之、松本まりか


― 武頼に近づく女性・沙織役の酒井若菜さんは?

松本まりか:酒井さんは事務所(エーチームグループ・エーチーム)が同じということもあって、お姉さんみたいな存在なんです。すごく信頼している頼もしい先輩なので、沙織役が酒井さんですごく嬉しくて! でも2人はライバルのような関係で、純は沙織に対して敵対心も抱いていくんです。共演シーンの前は話したい気持ちを抑えて、なるべく目も合わさないようにしていました(笑)。でも、撮影が終わった後はハグしておしゃべりが止まらなかったです」


― では最後に、エンディングに流れる主題歌『音楽のように』についてお聞かせください。

松本まりか:まず『音楽のように』っていうタイトルが印象的ですよね。メロディーはすっごくおしゃれで、でも歌詞がとてもやるせなくて。こんなにも君といっしょにいたいって歌っているのに、でも、それができない…そんな切なさがメロディーとともに響いてくる楽曲です。この作品には余白が多いので、音楽がとても効くだろうなって感じているので楽しみですね。エンディングでも、観てくださった方にいろんな思いや観終わり感を抱かせてくれると思います。



藤原季節、松本まりか、池内博之、酒井若菜


松本まりかプロフィール


1984年9月12日生まれ、東京都出身。2018年に放送されたドラマ『ホリデイラブ』で演じた“あざと可愛い”キャラクターで注目を浴びる。数々のドラマ、映画、舞台、また声優として幅広いフィールドで活躍する。今クールでは『それでも愛を誓いますか?』に主演するほか、配信ドラマ『東京、愛だの、恋だの』(Paravi)にも主演。



松本まりか



ドラマL『それでも愛を誓いますか?』|朝日放送テレビ
松本まりか、残酷なキスシーンも…「共感を得られるようなヒロイン像ではない」自分に正直に生きるために大切なこと語る<「それでも愛を誓いますか?」インタビュー> - モデルプレス
松本まりか(エーチーム)、TBS系『人生最高レストラン』に出演|エーチームグループ出演者情報
松本まりか(エーチーム)主演ドラマ『東京、愛だの、恋だの』|エーチームグループ出演者情報
松本まりか(エーチーム)、主演新ドラマで悩み多き“レス妻”に|エーチームグループ出演者情報
松本まりか | Twitter
松本まりか | Instagram
松本まりか | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|松本まりか




松本まりか



NEW VALLEY


酒井若菜


フォロワー「お洒落です」「よくお似合い」


女優の酒井若菜(41)(エーチームグループ・エーチーム)が24日、自身のツイッターを更新。マッシュヘアにした姿を公開した。

酒井は「私ただ、髪型を『マッシュに戻したよ』と伝えたかっただけ」と記すと、ロングヘアからショートのマッシュヘアとなり、ヘッドホン、マスクをしたアップ写真と、ガラスに映った全身写真、ヘッドホンを外し、マスクをしたアップ写真を投稿。「なのになんでヘッドホンしたんだろ、なんで薄ぼんやりしたガラスで全身映したんだろ。意図と画角の不釣り合いっぷり。自撮りが残念すぎる問題にそろそろ真剣に向き合わなければいけない気がする」ともつづった。



酒井若菜


続くツイートでは「帰宅したので撮り直してみた」と記して、マスクを外し下を向いた写真、口に手を当て笑っている写真2枚を投稿。「だめだ、『いい感じ』に見せようとがんばればがんばるほど笑ってしまう。絶対インスタグラマーにはなれないな…。自宅で写真撮るだけで笑いが止まらないなんて…幸せな人間ですね」と締めくくった。



酒井若菜


キュートな酒井の新ヘアと笑顔にフォロワーからは「デビュー時代を思い出しました」「その全ての雰囲気が酒井若菜です」「髪キレイな~って思いました」「ヘッドホンとマスクに髪型、お洒落(しゃれ)です」「可愛いです」「兎にも角にも、マッシュよくお似合い!」といった反響が寄せられている。



酒井若菜



酒井若菜 「マッシュに戻したよ」バッサリカットの新ヘアにフォロワー「お洒落です」「よくお似合い」― スポニチ
酒井若菜(エーチーム)、『ホメられたい僕の妄想ごはん』に出演|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜(エーチーム)、いまだ「モー子」と呼ばれることに「光栄だが、時々怖くなる」|エーチームグループ出演者情報
酒井若菜オフィシャルブログ「ネオン堂」
酒井若菜 | Twitter
酒井若菜 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|酒井若菜




酒井若菜



NEW VALLEY

↑このページのトップヘ