エーチームグループ所属者情報

芸能事務所エーチームグループ(エーチーム・エーライツ・エープラス)所属者のニュースを発信。

カテゴリ: 尚玄


尚玄


尚玄がアーティストのMay J.と結婚、2人の誕生日に入籍

俳優の尚玄(44)(エーチームグループ・エーライツ)と歌手のMay J.(34)が20日、それぞれのTwitterを更新。結婚したことを発表した。


May J.&尚玄、結婚を発表

May J.は「この度、かねてよりお付き合いをしておりました俳優の尚玄さんとお互いの誕生日である本日6月20日に入籍致しましたことをご報告させていただきます」と20日に入籍したことを報告。



May J.


「いつも支えてくださっている皆様に感謝の気持ちをお伝えするとともにどうかあたたかく見守っていただけたら幸いです」とファンに感謝の気持ちを伝え「これからも音楽と向き合い、表現者としてより成長できるよう日々努力を積み重ねていきたいと思います。今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と結んでいる。



尚玄は「長年親友として、よき理解者として僕を支えてくれたMay J.さんとこの度結婚する運びとなりました」と直筆のメッセージで報告。



尚玄


「まだまだ未熟な二人ではありますが温かい家庭を築き表現者として共に高め合っていきたいと思っています。これまで私たちを支えて下さった方々に感謝をお伝えするとともに今後とも温かく見守っていただけたら幸いです」とつづっている。



なお尚玄が主演を務めた映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』は全国で公開中。



尚玄、May J.



映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』オフィシャルサイト
尚玄がアーティストのMay J.と結婚、本日は2人の誕生日 - 映画ナタリー
尚玄(エーライツ)主演映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』感動の実話!|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)がレッドカーペットに登場!「第34回東京国際映画祭」開幕|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)主演『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』第34回東京国際映画祭に選出|エーチームグループ出演者情報
尚玄 | Twitter
尚玄 | Instagram
尚玄 | エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|尚玄




尚玄



NEW VALLEY


尚玄


尚玄「日本人に見えない。日本では役がない」と言われた過去…逆境をバネに奮起

義足のボクサーの実話を基にした映画『義足のボクサー GENSAN PUNCH』の外国特派員協会記者会見が11日に都内で行われ、主演の尚玄(エーチームグループ・エーライツ)とプロデューサーの山下貴裕氏が出席。尚玄が、単身フィリピンに飛び出して夢を追いかけた主人公へのシンパシーを明かした。



尚玄、山下貴裕プロデューサー


本作は、『キナタイ -マニラ・アンダーグラウンド-』(09)で第62回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞、『ローサは密告された』(16)など、不条理な社会でもがきながら懸命に生きる人々を撮り続けてきたブリランテ・メンドーサ監督による最新作。義足のために日本でプロの夢を絶たれた男が、フィリピンでプロボクサーを目指す姿を描く。自ら主演し、製作にも名を連ねた尚玄は、構想から約8年間もの歳月を費やして映画化を実現した。

ボクサーとしての身体作りや、激しいボクシングシーンにも挑んだ尚玄。ストイックな役作りに向かう原動力となったのは、主人公のモデルとなった、フィリピンで活躍した実在の義足のボクサー、土山直純への共感だという。



尚玄


「僕は俳優をやりたいと思って沖縄から出てきて、まずモデルから始めました。よく僕自身が言われたのが、『日本人に見えない』ということ。『この日本の業界では、君の役はないよ』と強く言われたこともある」と告白した尚玄。「それでも諦めなかった。そこからニューヨークにアクティングを学びに行って、アジアの国でオーディションを受けて役を勝ち取ってきた」と強い意志で突き進んできたそうで、逆境をバネに奮闘する主人公に心を寄せた。

さらに尚玄は「俳優が企画を立ち上げて作るということは、そんなにないことだと思います。この映画を作ることは、僕にとって前例のないことへの挑戦でした」と力強くコメント。「8年前に直純くんから映画化の承諾を得て、ここまで時間がかかりましたが、その思いが映画にこもっているのではないかと思います」と完成作に胸を張っていた。



尚玄


メンドーサ監督の撮影現場は、特殊な演出方法で知られている。役者に脚本は渡されず、セリフは当日教えられるとのこと。ボクシングシーンも振り付けナシという異色の現場で、尚玄は試合シーンにも全力で立ち向かった。

記者から「相手はプロのボクサーですよね。ボクシングシーンはどのように撮ったんですか?」と質問が飛ぶと、尚玄は「僕も心配になって、日本にいる時から『アクション・コーディネーターのような人はいるんですか?』と聞きました。すると(監督は)『ノープロブレム』しか言わないんです。どうなるのかなと思った」と苦笑い。「本番のリングでは、僕以外はプロのファイター。だんだん熱くなってくると、お互いに距離感もわからなくなってくる。大変な撮影ではありましたが、その分、観ている方に臨場感や緊張感が伝わってくれたらうれしいです」と語っていた。



山下貴裕プロデューサー、尚玄


『義足のボクサー GENSAN PUNCH』は、5月27日沖縄先行公開、6月3日TOHO シネマズ日比谷にて先行公開、6月10日全国公開。



尚玄、山下貴裕プロデューサー



尚玄「日本人に見えない。日本では役がない」と言われた過去…逆境をバネに奮起 | マイナビニュース
尚玄(エーライツ)がレッドカーペットに登場!「第34回東京国際映画祭」開幕|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)主演『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』第34回東京国際映画祭に選出|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)、映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」出演|エーチームグループ出演者情報
尚玄 | Twitter
尚玄 | Instagram
尚玄 | エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|尚玄




尚玄



NEW VALLEY


尚玄


橋本マナミ、さとうほなみ、武田梨奈ら出演 吉田浩太監督作『Sexual Drive』日米で公開

吉田浩太監督作『Sexual Drive』が4月29日より新宿武蔵野館ほかにて公開されることが決定した。

『愛の病』や『オチキ』の吉田監督が手掛けた本作は、“食”を通じて人間の秘められた欲望を暴露していく、Vol.1「納豆」、Vol.2「麻婆豆腐」、Vol.3「背油大蒜増々」から成るオムニバス3部作。栗田という謎の男の登場により、登場人物たちの内なる性(セクシャル)、衝動(ドライブ)が暴かれていく新感覚ブラックコメディだ。



第50回ロッテルダム国際映画祭ビックスクリーンコンペティション部門に正式招待されたのを皮切に、モスクワ国際映画祭、香港国際映画祭、テッサロニキ映画祭など、各国の主要映画祭にも多数招待上映されている。大手海外セールス会社のForissimo Filmが海外セールス権を取得し、2022年4月にアメリカで公開されることも決定した。

キャストには、池田良、橋本マナミ、さとうほなみ、武田梨奈、尚玄(エーチームグループ・エーライツ)、芹澤興人が集結。吉田監督とキャスト陣からはコメントも寄せられている。


コメント

池田良(江夏役 /『納豆』出演)

念願の吉田浩太組、クライマックスのシーンの撮影途中で「残りは明日にしましょう」とかいうじらしプレイを受けながら、なんとか撮り切りましたが、納豆で、短編で、これどこで誰が見るんだろう、と不安に駆られていました。が、監督の衝動はここで尽きることなく、さらに短編2本が撮影されて「セクシャルドライブ」(=性衝動)となり、皆様に届くこととなりました。吉田監督の執念と性癖を、是非ご覧下さい。



橋本マナミ(真澄役 /『納豆』出演)


橋本マナミ(真澄役 /『納豆』出演)

映画セクシャルドライブがこのたび公開になります。私は納豆という作品に出演させていただいています。
ネバネバとまとわりつくような作品で想像を掻き立てられる不思議な世界観の映画です。ぜひ劇場で映画納豆の魅惑的な面白さを感じてください!


さとうほなみ(茜役 /『麻婆豆腐』出演)

吉田浩太監督の『納豆』を鑑賞させて頂き、『麻婆豆腐』の脚本を頂いた時、胸が躍りました。ひとりの女性がある男性との出会いで覚醒していくという、ある種危険でワクワクする作品になっていると思います。面白い監督のお側で、思い切り”麻婆豆腐”作らせていただきました! 是非お楽しみいただければと思います。



さとうほなみ(茜役 /『麻婆豆腐』出演)


中村無何有(上原役 /『麻婆豆腐』出演)

吉田監督作品の変態性はいつも優しい。
「普通」でいようとする度に、悩ましくも外れていってしまう「私たち」を責めたりしない。「普通」でいようとなんとか抑え込む「私たち」を官能的な力強さで解放し、恥ずかしくも哀しい人間の美しさを一緒に泣いて、そばで笑ってくれる。超優しい。映画館で、この映画を発見してください。吉田組映画の一部になれたことが、とても嬉しいです。


武田梨奈(桃花役 /『背油大蒜増々』出演)

世界中の映画祭をドライブしてようやく日本に帰ってきました。
食からあらゆる想像を掻き立てながら、独特な表現で人間性や物語を描く、そんな吉田浩太監督の発想を召し上がってください。ネバネバで、アツアツで、コテコテな、三つのストーリーをどうぞお楽しみください!



武田梨奈(桃花役 /『背油大蒜増々』出演)


尚玄(池山役 /『背油大蒜増々』出演)

ソーシャルディスタンスどころか人の心に土足で踏み込み、意図せずしてか荒療治を施していくアンチヒーロー。海外の映画祭を旅して、この愛すべきバカ映画がようやく日本凱旋です。この映画が日本の観客の目にどう映るのか楽しみです。


芹澤興人(栗田役 /『納豆』『麻婆豆腐』『背油大蒜増々』出演)

頼まれた訳でもなく、監督が撮りたいものを衝動に任せて撮る。
年齢を重ねてくると難しい事ですが、それを貫いて作品を完成させた吉田さんの姿勢は本当に格好良いです。4年前、吉田監督、池田良さん、撮影の関さん、録音の島津さん、僕という最少人数でクランクインした作品です。海外の映画祭を巡り、日本で公開が決まりました。泥臭くて土臭かったとしても、この事実が僕の希望です。どうかこの作品を無視しないで欲しいです。



尚玄(池山役 /『背油大蒜増々』出演)


吉田浩太監督

精神的にも肉体的にも色々行き詰っていた当時、全く生産性もない、誰の得にもならない自由な発想の作品を撮りたいと思い、作り始めた作品です。どの作品も参考にせず、自分なりのオリジナリティとなるものを目指しました。予算も限られたとても小さな作品ですが、大きい志だけはあると思います。映画は間違いなくコメディなので気兼ねなく笑ってもらい、隠された自分なりの切実なテーマも感じてもらえればいいなぁと思っています。
この実験作が皆さんにどのように捉えてもらえるのか、とても楽しみです!


公開情報

映画『Sexual Drive』
4月29日(金)新宿武蔵野館にてレイトショー上映、そのほか全国順次公開
出演:池田良、さとうほなみ、尚玄、芹澤興人、武田梨奈、橋本マナミ、中村無何有
監督・脚本:吉田浩太
プロデューサー:後藤剛
配給:シャイカー
製作・制作プロダクション:シャイカー
2021/70分/カラー/6:9/ステレオ



尚玄



Sexual Drive | IFFR
橋本マナミ、さとうほなみ、武田梨奈ら出演 吉田浩太監督作『Sexual Drive』日米で公開|Real Sound
尚玄(エーライツ)がレッドカーペットに登場!「第34回東京国際映画祭」開幕|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)主演『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』第34回東京国際映画祭に選出|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)、映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」出演|エーチームグループ出演者情報
尚玄 | Twitter
尚玄 | Instagram
尚玄 | エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|尚玄




尚玄



NEW VALLEY


尚玄


「少しは恩返しできたかな」 米芸能誌が「期待の星」と評した日本人俳優・尚玄


俳優の尚玄さん(エーチームグループ・エーライツ)が主演を務める新作映画「GENSAN PUNCH」(ブリランテ・メンドーサ監督)にハリウッドが注目している。



尚玄さんの記事を掲載した米大手芸能誌


米大手芸能誌バラエティー(電子版)は6日、米配信サービスHBO(Home Box Office)での同映画の配信開始に先駆け、尚玄さんのロングインタビュー記事を掲載。日本の業界で「日本人に見えない」と言われてきた沖縄出身の俳優が国境を越えて活躍し、映画原案の発案や共同プロデューサーもこなす「時代に求められている期待の星」と評した。

HBOは米ワーナーメディア傘下の有料ケーブルテレビ放送局で、ハリウッド俳優らが主演のドラマや映画など、数多くのヒット作品を送り出している。



『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』


「GENSAN PUNCH」は日本とフィリピンの合作映画で、実在する義足のボクサーのストーリーを描いたもの。

第26回釜山国際映画祭でキム・ジソク賞を受賞し、第34回東京国際映画祭で3日に上映された。日本で先行公開した後、HBOを通じてアジアや米国に配信される。



尚玄


尚玄さんは8日、「長年の夢が実現できただけでなく、名誉ある賞まで頂けてとても光栄です。僕らを信じてくれた方々に少しは恩返しができたかなと思います」と喜びを語った。



『GENSAN PUNCH 義足のボクサー』



「少しは恩返しできたかな」 米芸能誌が「期待の星」と評した日本人俳優 主演映画に注目 | 沖縄タイムス
尚玄(エーライツ)がレッドカーペットに登場!「第34回東京国際映画祭」開幕|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)主演『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』第34回東京国際映画祭に選出|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)、映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」出演|エーチームグループ出演者情報
尚玄 | Twitter
尚玄 | Instagram
尚玄 | エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|尚玄




尚玄



NEW VALLEY


尚玄


「セリフは当日ノートを破ったものに…」 ブリランテ・メンドーサ監督ならではの撮影法に尚玄、南果歩らが驚き


第34回東京国際映画祭の「ガラ・セレクション」部門に出品された「GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮題)」が11月3日、東京・有楽町のよみうりホールで上映され、尚玄(エーチームグループ・エーライツ)、南果歩、木佐貫まや、原案モデルの土山直純氏、プロデューサーの山下貴裕がティーチインを行った。



『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』ティーチインの模様


「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」(2009)でフィリピン人として初めてカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサ監督がメガホンをとり、くじけず目標に向かう実在の義足のボクサーと、彼を支える異国のコーチ、仲間たちの姿を描くヒューマンドラマ。

主人公・津山尚生を演じた尚玄は「撮影の後は痣が残りました。最初の対戦相手は鼻血を出していたのですが、本当に僕のフックが当たってしまって、3ラウンドの予定が1ラウンドで終わってしまった。自分にも起こりうることなので緊張感はありました」とボクシングシーンの裏話を明かし、「普通の撮影は手を合わせて予期できるものでやりますが、メンドーサ監督はそれを許さないので、そういう意味では怖さもありました。それだけリアリティーを求めていたからだと思います」と振り返る。



尚玄


事前に脚本を渡さないことで知られるメンドーサ監督の撮影スタイルには、南も驚いたそうで「当日そのシーンを撮影する直前、ノートをびりっとやぶったものにこのようなことを言えばいいと書いてありました。もう一つ驚いたのは、いつスタートするかわからないんです。監督はずっとカメラを回しているので、ずっとその役でいることを求めているんです。素に戻ることを求めていなくて、衣装を着てそこにいる状態から役の人生が始まっているという感覚でした。いろんな監督とご一緒してきましたが、聞きしに勝るメンドーサ組。恐ろしい現場ですが、お芝居って本来こういう取り組み方だったと思い出させてくれる素晴らしい監督です」と感謝を込める。



南果歩


本作で映画に初出演した木佐貫は「映画にスタッフさんが急に入って撮影したこともありました。その場にいる私も何が起こるかわからない現場で、貴重な経験になりました」と笑顔。原案モデルとなった土山氏が「映画になって、お世話になった人たちに恩返しができたと嬉しく思います」と挨拶すると会場から歓声が起こり、山下プロデューサーは「日本では来年のどこかのタイミングで劇場公開します」と報告していた。

第34回東京国際映画祭は11月8日まで、日比谷、有楽町、銀座地区で開催。



『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』



「セリフは当日ノートを破ったものに…」 ブリランテ・メンドーサ監督ならではの撮影法に尚玄、南果歩らが驚き : 映画.com
尚玄(エーライツ)がレッドカーペットに登場!「第34回東京国際映画祭」開幕|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)主演『GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮)』第34回東京国際映画祭に選出|エーチームグループ出演者情報
尚玄(エーライツ)、映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」出演|エーチームグループ出演者情報
尚玄 | Twitter
尚玄 | Instagram
尚玄 | エーチームグループ エーライツ
エーチームグループオーディション|所属タレント|尚玄




尚玄



NEW VALLEY

↑このページのトップヘ