エーチームグループ所属者情報

芸能事務所エーチームグループ(エーチーム・エーライツ・エープラス)所属者のニュースを発信。

カテゴリ: エーチーム


臼田あさ美


『目の毒すぎる職場のふたり』主演・臼田あさ美「家では普通の母ちゃんです」

11月4日(金)夜9時から、Huluで独占配信される連続ショートドラマ『目の毒すぎる職場のふたり』(全25話)。本作に主演するのが、女優デビューから20年目の臼田あさ美(エーチームグループ・エーチーム)だ。

北海道は胆振(いぶり)地方の営業所を舞台に、臼田あさ美演じる経理部のマジメな社員・等々力乙は、職場の男性同僚を密かに“推す”。ポーカーフェイスだった等々力が、職場での“推し活”によって、「人生で一番楽しいかもしれない」日々を謳歌していく。

臼田は座長として、「共演者もスタッフもベストパフォーマンスができる現場にしたい」と語る。主演や助演として話題作への出演が続き、20年目にしてさらに飛躍する臼田に、女優業へのこだわり、そして子育てに奮闘する日々について聞いた。



臼田あさ美


仕事も子育ても、完璧主義じゃないからなんとかできてる

―― 撮影は始まったばかりだそうですが、どんな雰囲気ですか?

臼田あさ美:すごく平和に順調に進んでいます。本作はちょっと特殊な作りなんですよ。密かに推し活をする設定なので、心の声が多かったり、表情で見せたりするシーンが多い。技術的にも、特殊なレンズを使ったり、変わったカメラワークをしたりすることで、コメディ要素をプラスアルファしてます。私は全然モニターチェックしないタイプなので、どんなふうに映ってるのか想像つかないです。できあがった映像を観るのが楽しみです。

―― モニターチェックをしないのは、スタッフに委ねる気持ちが強いからですか?

臼田あさ美:それもありますけど……カットがかかったら、ほっとして、すぐ自分の席に戻っちゃうんです。気づいたらモニターチェックの時間が終わってる(笑)。それに私はその場でチェックしても、客観的に観られないんです。監督が「オッケー」と言ってくれたなら、それを信じようと思います。あと、現場の雰囲気で感じるものを大切にしたいので、モニターは気にしないです。

―― 何か撮影に入るときのルーティーンはありますか?

臼田あさ美:特にないかなぁ……。あっ! ありました。朝炊いた白米を、スープジャーに詰めます。そのときの気分で梅干しや昆布、あるときは、たらこや明太子を選んで、お米と一緒に現場に持っていきます。普段はやらないから、現場ならではのルーティーンですね。



臼田あさ美


―― 夜にセットしておくんじゃなくて、朝炊くんですね。

臼田あさ美:ずっと土鍋で炊いてるので、タイマーとかセットできなくて。お米だけは朝ちゃんと炊いてます。それも自分のためっていうよりは、子どもの朝ごはんを用意するついでなんですけどね。

―― 撮影中は忙しいのに、仕事と家庭を両立されていてすごいです。

臼田あさ美:いやいや、両立はできてないです。家族と一緒に協力しながらじゃないと、とても無理でした。完璧主義じゃない性格なので、なんとかやれてるところもあります。手を抜くわけじゃないけど、その都度何ができるかなとバランスを考えて行動してます。

―― バランスですか。

臼田あさ美:子育ては特にそうなんですけど、今ラクしちゃうと、後でしわ寄せが来るんですよ。例えば、子どもがグズってるときにその子の好きなものでご機嫌を取るとする。たしかにその瞬間は親の私もラクなんだけど、それを覚えたら子どもはその後も欲しがる。そのあと「もうダメだよ」って諭すのも、大変じゃないですか。



臼田あさ美


―― 耳が痛いです。今ラクをしても、後で苦労する……。

臼田あさ美:でも、親だって人間だからラクしたい瞬間はある。だからそのバランスを考えることは、忘れないようにしてます。仕事でも私生活でもなんでもそうですよね。

―― 僕も4歳の娘がいるので今の話はわかります。ついつい叱っちゃうこともありますか?

臼田あさ美:めちゃめちゃ叱りますよ(笑)。でも、娘は気が強くて、すっごい叱りつけた後も必ず言い返してくるんです。こないだは「ママの今のその顔、全然かわいくないからね!」とか言われちゃって。こっちも「ですよね……」ってちょっとシュンとしちゃいました(笑)。

―― 子どもって親が傷つく言葉をちゃんと知ってるんですよね(笑)。臼田さんの子育ての話、励みになります。

臼田あさ美:いえいえ、同じ子どもを育てる身としてね、ほどほどにがんばりましょう(笑)。



臼田あさ美


演じても、自分らしさは自然と出てくる

―― 今お話していても、臼田さんは気さくでナチュラルさを感じます。そして、どんな役を演じてても、その人柄がベースにあるから、作品になじんでいく印象があります。

臼田あさ美:たしかに私が演じる役は、日常を生きている普通の人だったり、人間らしさを感じさせるキャラクターが多いので、良くも悪くも自分っぽさが出やすいかもしれない。自分が経験してないことを演じるときは想像するんですけど、そのときは経験したことから引っ張って想像するんですね。その作業のときに、自分らしさは自然と出てくるんだと思います。

―― あくまでも自分の経験から想像を広げていく。

臼田あさ美:はい。でも一方で、誰かを演じようとすれば、自然と本来の自分とは違ってくるというのもあって。例えば、自分とまったく同じ境遇の役を与えられたとしても、「演じる」という意識が働くだけで、本来の自分とは自然と違ってくると思うんです。演技って自分が出てくるものだし、自分じゃなくなるもの。両方あるなと思うんです。

―― ちなみにドラマや映画の現場で言われて大事にしている言葉はありますか?

臼田あさ美:えーっと……絶対にあるんですよ! でもすぐには思い出せない…。ここで「ない」なんて失礼すぎるし…。でも、こんなに長くやってきて、あらゆる場面でいい出会いがあったけど、言葉ってなると、全然出てこない(笑)! 「みんなやさしかったなぁ」みたいな記憶しかないし、めっちゃ怒られたこともだいたい忘れていく。そういうタイプの人間です(笑)。



臼田あさ美


―― もし思い出したら教えてください(笑)。他にも、女優として「毎日悔しい思いをしている」とも語っていました。逆に、どんなときに達成感が得られますか?

臼田あさ美:「達成感なんてあるのかな」って思います。私は多分一生、この仕事が自分に向いてるとは思えないし、「もっとできたんじゃないか…」って毎日思い続けるんじゃないかな。マラソンでいうと、「ゴールできた!」っていう意味でのやりきった感覚は毎回あるんです。でも「ベストタイムではないよな…」って、もやもやするんです。無事に撮影は終えられてホッとするけど、もっとできたんじゃないかっていう悔しさは常にあります。


ベストパフォーマンスを目指すのは、最低限のマナー

―― 今年は主演ドラマも続いていますが、座長としてはどういう心構えでいますか?

臼田あさ美:メインキャストをやらせてもらうときはいつも、共演者もスタッフも全員が自分の役割を全うできる現場になるといいなと思ってます。自分もたくさん経験がありますけど、連ドラのゲストだったり、映画のワンシーンだけ出演したりするときって、超不安なんです。すでにできあがってる現場に、1〜2日だけ望むのはとても難しい。その不安を少しでも和らげて、ベストパフォーマンスをしてもらえるような現場にできるといいですよね。

―― その空気を作るためにやっていることはありますか?

臼田あさ美:結局、自分も常にベストを目指すことに尽きる気がします。例えば、プライベートなことだけど前日に子どもが体調を崩して、台本と向き合う時間がいつもより少ないときもある。でも、現場に入ったらそんなことは全部置いといて、その瞬間のベストをしようって集中します。もちろんいい作品を作るのが目標だけど、それは瞬間瞬間をやりきった後のご褒美。だから毎日、ベストパフォーマンスを諦めちゃいけない。それが最低限のマナーだと思うんです。

―― 長く女優として活動して、「常にベストパフォーマンスをする」情熱を持ち続けるのも大変だと思います。モチベーションはなんですか?

臼田あさ美:単純に映画やドラマが好きっていうのは絶対にあります。あとはやっぱり達成感がないからこそ「次こそは!」と思えるんですよ。ダメっていうのは満足することないって意味ですけど、だからこそ「もっとできるはず」と思える。それがモチベーションですよね。



臼田あさ美


―― 短い時間でしたが、臼田さんにインタビューさせてもらって、すごく自分の言葉を持っている方だなと感じました。

臼田あさ美:いやいやいや……まあ人の言葉は覚えてないんですけど(笑)。私はそういう人間です。

―― 実は内省したり考えこんだりするタイプですか?

臼田あさ美:昔はそうでした。20代の頃は自問自答する時間も多かったですし、とにかくいろんな監督や作品を知ろうと頭でっかちになってた。言葉もたくさん詰め込みたくて、本も読み漁ってました。でも、30歳過ぎてからは何も考えてないです、ほんとに。今はこんな風に喋ってますけど、家に帰ったら普通の母ちゃんやってます(笑)。

―― 最後に改めて『目の毒すぎる職場のふたり』の見どころを教えてください。

臼田あさ美:このドラマはコメディだけど、たまに切なさも感じさせるんです。それは社内で推しを眺めている時間が永遠ではないから。会社で同じ時間を過ごしていても、みんなそれぞれ普通の生活があって、家族関係や事情がある。推しを見つめられる時間は、ほんのひとときに過ぎないんです。だからこそ愛おしい時間だし、その分切なくもなる。推し活をしてると、よく「尊い…!」って言っちゃうのも、推しは永遠じゃないからこそ。原作マンガで描かれた世界を、生きた人間が改めて演じることで、その儚い感じが際立ってる気がします。



臼田あさ美



目の毒すぎる職場のふたり|日本テレビ
「目の毒すぎる職場のふたり」主演・臼田あさ美「家では普通の母ちゃんです」 | CINEMAS+
臼田あさ美(エーチーム)主演で『目の毒すぎる職場のふたり』ドラマ化|エーチームグループ出演者情報
臼田あさ美(エーチーム)、『ちょい釣りダンディ』で連ドラ初主演|エーチームグループ出演者情報
臼田あさ美(エーチーム)、『美酢(ミチョ)希釈タイプ』の新CM出演|エーチームグループ出演者情報
臼田あさ美 | Instagram
臼田あさ美 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|臼田あさ美




臼田あさ美



A&G


神尾楓珠、倉科カナ、王林


倉科カナ、神尾楓珠に強力“助っ人”!? 産休のSHELLYに代わり…

俳優の倉科カナ、神尾楓珠(エーチームグループ・エーチーム)らがMCを務める情報バラエティー『サスティな!~こんなとこにもSDGs~』(土曜前9・55、フジテレビ)。ファッション、グルメなど身近な話題はもちろん、都会の最先端から地方創生のSDGsプロジェクトまであらゆるテーマを取り上げた“楽しく学べる“SDGs番組だが、MCの1人で産休に入ったタレント、SHELLYに代わり、先週から“助っ人”が参戦している。



王林


1人目は青森県出身のタレントで、多くのバラエティーで独特のキャラクターを披露している王林。代役に不安そうだったが、SDGsにはとても興味があるようで「青森県はSDGsに向いている県。伝統工芸品が盛んで私自身、販路拡大について卒業論文で書いたりしたので、それこそ今の時代に合わせてより一層盛り上げていくためにはどうしたらよいか勉強している。今は津軽塗をアクセサリーにしてみたいと思っている」と楽しそうに話した。このあと12日、12月3日に出演する。



芝大輔


2人目は「M-1グランプリ2021」ファイナリストのモグライダー・芝大輔。番組初の芸人MCとなり「倉科さんはおきれいでかわいくて、収録中に告白してしまわないように気をつけたい。神尾さんはイケメンで面白さも兼ね備えた方なので自信を失わないように頑張りたい」と抱負!? 19、26日、12月10日に登場する。



神尾楓珠



サスティな! - フジテレビ
倉科カナ、神尾楓珠に強力“助っ人”!? 産休のSHELLYに代わり…  - 産経ニュース
神尾楓珠(エーチーム)、展覧会ナビゲーターに 『エゴン・シーレ展』東京都美術館にて開催|エーチームグループ出演者情報
神尾楓珠(エーチーム)、雑誌『ar』11月号に登場|エーチームグループ出演者情報
神尾楓珠(エーチーム)、『ほんとにあった怖い話』初主演!|エーチームグループ出演者情報
神尾楓珠 | Twitter
神尾楓珠 | Instagram
神尾楓珠 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|神尾楓珠




神尾楓珠



A&G


浅香航大


濱田岳と草刈正雄がバディに!NHKの土曜ドラマ『探偵ロマンス』来年1月放送

NHKで2023年1月21日に放送がスタートする土曜ドラマ『探偵ロマンス』の製作、出演者が発表された。



『探偵ロマンス』


本作の主人公は、推理小説家に憧れながらも貧乏生活を送る平井太郎。のちに江戸川乱歩となる人物で、ひょんなことから出会った初老の名探偵・白井三郎とともに難事件に巻き込まれていく。「コウノドリ」「金魚妻」の坪田文が脚本を書き下ろし、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」の制作チームが集結した。



『探偵ロマンス』


三郎と探偵稼業に乗り出す太郎役に濱田岳、因縁深き怪盗との対決に挑む三郎役に草刈正雄がキャスティングされたほか、石橋静河、泉澤祐希、森本慎太郎(SixTONES)、世古口凌、本上まなみ、浅香航大(エーチームグループ・エーチーム)、松本若菜、近藤芳正、大友康平、岸部一徳、尾上菊之助が出演。大橋トリオが音楽、主題歌を担当する。濱田らのコメントは以下の通りだ。



『探偵ロマンス』出演者


土曜ドラマ『探偵ロマンス』

NHK総合 2023年1月21日(土)放送スタート 毎週土曜 22:00~22:49
※全4話



『探偵ロマンス』制作の様子


濱田岳 コメント

太郎は泥臭く、くさくさしちゃった人間味というのもすごく濃い人で、卑屈な若者、時代の波に飲み込まれた若者という印象です。難しい役柄なので演出と日々相談しながら演じています。
演出は、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」、「心の傷を癒すということ」でご一緒した安達もじりさん。誰もが信頼している数少ないディレクターの元で、台本の一番手に名前が載るようなポジションでやらせていただけるというのは、ものすごく役者冥利に尽きることです。現場は今、もじりさんが演出する人間模様やハートの部分のやりとりとアクションシーンが化学反応を起こしつつあるところ。ゴールには必ずこの化学反応が起きると思うので、視聴者の皆さまにも楽しんでいただけると思います。撮影を進めながら日々自信がついていくのを体感しているので、安心して楽しみに待っていてくださいね。



濱田岳


草刈正雄 コメント

探偵ロマンスの撮影では、アクションがありとても大変ですが、時代背景や衣装など見どころが沢山ありますので楽しんで頂けたらうれしいです。



草刈正雄


浅香航大 コメント

オリジナル作品ですが、登場する個性豊かな人物たちは、大正の時代に本当に生きていたのではないかと想像が膨らみます。私が演じるラッパも、夢を追いもがく若者の一人です。交わる事のなさそうな人々が交わり、危うさの中で生まれるドラマに魅かれます。是非ご覧ください。



浅香航大



探偵ロマンス - NHK
濱田岳と草刈正雄がバディに!NHKの土曜ドラマ「探偵ロマンス」来年1月放送 - 映画ナタリー
注目の若手俳優・浅香航大(エーチーム)、オーデション落ち続けた過去…|エーチームグループ出演者情報
浅香航大(エーチーム)、『今夜はコの字で Season2』記者会見出席|エーチームグループ出演者情報
浅香航大(エーチーム)出演ドラマ『花嫁未満エスケープ』スタート|エーチームグループ出演者情報
浅香航大 | Twitter
浅香 航大 | Instagram
浅香 航大 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|浅香 航大




浅香航大



A&G


吉岡里帆


オズワルド・伊藤俊介×吉岡里帆が対談。「妹・伊藤沙莉を天才だと思った瞬間」を明かす

オズワルド・伊藤俊介が、J-WAVEで吉岡里帆(エーチームグループ・エーチーム)と対談。伊藤がお笑いに興味を持ったきっかけや、自身のライフスタイルについて語った。

伊藤が登場したのは、J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。10月23日(日)のオンエア内容をテキストで紹介する。



吉岡里帆、オズワルド・伊藤俊介


テレビでオズワルドを見たときの印象は?

伊藤俊介は2014年11月に畠中 悠さんとオズワルドを結成。2019年と2020年『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)ではファイナリスト入りし、2021年には準グランプリを獲得した。初対面の2人だが、吉岡は伊藤の妹・伊藤沙莉と共演した経験があるという。

吉岡里帆:私がデビューしてすぐぐらいのときに共演させていただいています。妹さんのほうが年齢は下なんですけど、業界的には先輩で。

オズワルド・伊藤俊介:そうなんですよね。あいつ、ジョイマンさんと同期なんでね。なかなかの芸歴なんですよ。

吉岡里帆:(笑)。沙莉が小学生のときに出演していた『女王の教室』(日本テレビ系)を観ていた世代で、そのドラマが大好きでした。共演できて嬉しかったし、当時の思い出とかも色濃く残っています。そのときは「お兄ちゃんが芸人をしている」って話を一切聞いていませんでした。

オズワルド・伊藤俊介:俺が「言うな」って言ってたんです。恥ずかしいから。

吉岡里帆:そうだったんですね。



吉岡里帆


吉岡がオズワルドを観たのはテレビで、「間(ま)」に驚いたそう。

オズワルド・伊藤俊介:ありがとうございます。そのとき面白いなって思ってくれたってことですか?

吉岡里帆:めっちゃ面白かったです。

オズワルド・伊藤俊介:思ったら、ツイートしないとダメよ。

吉岡里帆:そうですよね(笑)。強烈に覚えていますよ。

オズワルド・伊藤俊介:あいみょんも、観に行ったときに沙莉へ「お兄ちゃんすっごく面白かった」ってDMを送ってくれたらしいんですよ。DMじゃあ意味ないもん。

吉岡里帆:個人的に(笑)。

オズワルド・伊藤俊介:表にどんどん出さないと。お願いします。



オズワルド・伊藤俊介


賞金で劇場に喫煙所を作ったものの…

初対面ということもあり、出身地や幼少期の話で盛り上がった2人。好きな飲食店の話題になった際に、伊藤が飲食店を選ぶ基準は「たばこが吸える店」がマストだと挙げた。

オズワルド・伊藤俊介:たばこが吸えないと話になんないんですよ。

吉岡里帆:ヘビースモーカーらしいですね。

オズワルド・伊藤俊介:ヘビースモーカーなので、うまいもん全然食っていないです。

吉岡里帆:ほしくならないってことですか?

オズワルド・伊藤俊介:食べたいんですけど……。

吉岡里帆:あっ、店が喫煙できない?

オズワルド・伊藤俊介:はい。基本的にたばこが吸えないから選択肢にないんですよ。話になんないんです。

吉岡里帆:とにかく吸える場所を(笑)?

オズワルド・伊藤俊介:そう。たばこを三島由紀夫ぐらい吸うから。

吉岡里帆:(笑)。


たばこへの愛を熱く語る伊藤だが、とうとう出演している劇場に喫煙所を作ってしまったという。


オズワルド・伊藤俊介:『ABCお笑いグランプリ』(朝日放送テレビ)っていう関西の番組があるじゃないですか。あれで優勝させてもらって、賞金で喫煙所を作ったんですよ。1年かけてこのあいだ設立したんですけど、150万円かかりました。

吉岡里帆:へええ! それはいろんな人に貢献されましたね。

オズワルド・伊藤俊介:本当に。劇場に喫煙所がなかったので、男性用トイレの小便器をぶち壊して、そこのスペースに喫煙所を作りました。テープカットまでやりましたよ。

吉岡里帆:すごい(笑)。本格的ですね。

オズワルド・伊藤俊介:で、設立した2日後に客席からたばこ臭いっていうクレームが入って、今は閉鎖になっていますよ。

吉岡里帆:その話、初めて聞きました。

オズワルド・伊藤俊介:喫煙所を作った英雄から、今は小便器を壊した罪人として追いかけ回されていますよ。



吉岡里帆


伊藤沙莉との共演は「楽しかった」

吉岡は伊藤に「お笑いの世界に興味を持ったきっかけは?」と問いかけた。

オズワルド・伊藤俊介:やっぱり、入口はダウンタウンさんとかじゃないですかね。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)とか。

吉岡里帆:『ごっつええ感じ』って、本当に面白いですよね! 何のネタがお好きですか?

オズワルド・伊藤俊介:何だろうなあ。子どもの頃は「MR. BATER(ミスター・ベーター)」が好きでしたね。

吉岡里帆:最高ですよね。

オズワルド・伊藤俊介:あとは「産ませてよ」とか。半魚人のやつ。やっぱり、みんな観てるんだ。

吉岡里帆:好き過ぎて、めっちゃ観てます。

オズワルド・伊藤俊介:俺らは芸歴で言ったら11年目なんですけど、今の1年目2年目の芸人でも観たことがない子って全然いるんですよ。

吉岡里帆:ショックですね。

オズワルド・伊藤俊介:そう。今ってコント番組もあんまないっすもんね。

吉岡里帆:そうですよね。我々が小学生ぐらいのときってコント番組が多くなかったですか?

オズワルド・伊藤俊介:『はねるのトびら』(フジテレビ系)とかね。

吉岡里帆:大好きで観ていました。

オズワルド・伊藤俊介:ああいうのに出たかったんですけどね(笑)。どう考えてもああいうのに呼ばれないだろうなって思いますよ。

吉岡里帆:(笑)。オズワルドは、漫才のイメージがすごく強いです。

オズワルド・伊藤俊介:たしかに。コントって1年に1回ぐらいしかやんないですね。単独ライブで2本ぐらいやる感じです。それこそ、沙莉も1回出てもらったことがあります。

吉岡里帆:ヤバいですね、その共演。

オズワルド・伊藤俊介:めちゃくちゃ楽しかったですよ。首輪を付けていて、嘘をつくと首輪が光るんです。地下でずっと育っていて、本物の東京を見てみたいから、最後のシーンで地上に出るんですよ。沙莉が地上の東京を見て「綺麗」って言って、首輪が光って終わるみたいなやつでした。

吉岡里帆:めっちゃいいですね(笑)。

オズワルド・伊藤俊介:「綺麗」って言った沙莉の顔を横で見ていたんですけど、「なるほど。こいつは天才なんだな」と思いましたよ(笑)。

吉岡里帆:情景を想像したんですけど、「映画にしちゃおう!」って気持ちになりますね。



吉岡里帆


M-1に挑み続ける理由

吉岡は、伊藤が相方・畠中との出会いについて語っていたインタビューを目にしたと切り出した。伊藤が畠中をコンビの相方に選んだポイントは、どんなところにあったのだろう?

吉岡里帆:畠中さんにビビっと来たポイントはどこでしょう?

オズワルド・伊藤俊介:もちろん面白いっていうのもあるんですけど、よくも悪くも「辞めなさそう」だなと感じました。俺らは4年ぐらい別々でやっていたんですけど、畠中は月1回ぐらいライブでめちゃくちゃスベっていたのに、ずっと楽しそうにしていたんです。「こいつが辞めるわけない」と思いました。どう考えたって笑っている場合じゃなかったんだから。やっぱり、辞めないっていうのが一番大事だなと思います。

吉岡里帆:たしかに。

オズワルド・伊藤俊介:めちゃくちゃ面白い人でも辞めちゃうんですよ。

吉岡里帆:辞めていくのを見るのは苦しくないですか?

オズワルド・伊藤俊介:苦しいです。そうなっちゃうと勝った気持ちにならないし。だから、辞めないっていうのが一番のポイントですね。

吉岡里帆:畠中さんとコンビを組んで手ごたえを感じた瞬間は?

オズワルド・伊藤俊介:オズワルドがデビューしたのって、1度なくなっていた『M-1グランプリ』が復活した年だったんですよ。前のコンビのときは賞レースで1回も1回戦に通ったことがなかったんですけど、組んですぐに3回戦ぐらいまでいったので「もしかしたら……」って気持ちはちょっとしましたね。その次の年は1回戦で落ちたんですけど。

吉岡里帆:苦しい! 賞レースにずっと出続けるのって、スタミナと精神力が相当強くないとできない仕事なのでは?

オズワルド・伊藤俊介:そうですね。特技があるわけでもないし、流行りそうな見た目もないし、漫才でいくしかないから、世に出る方法がそれしかなかったんですよね。

吉岡里帆:一点集中って感じですよね。

オズワルド・伊藤俊介:今は“執着心”だけで出てますよね。

吉岡里帆:カッコいい。

オズワルド・伊藤俊介:もう、カッコよくないのよ。

吉岡里帆:そうですか!?

オズワルド・伊藤俊介:本音を言うなら出たくないですもん。

吉岡里帆:決勝に3年連続で出ているから、もう世間が(オズワルドを)面白いって思っていることはわかったじゃないですか。それでもまだ挑戦する理由とは?

オズワルド・伊藤俊介:やっぱね、このままだとムカつくんですよ。

吉岡里帆:絶対に優勝したいってことですね。

オズワルド・伊藤俊介:テレビにたくさん出させてもらうとかお金を稼ぐとは別のところというか。出る必要はないかもしれないんですけど、M-1はやっぱり優勝したいんですよね。

吉岡里帆:優勝するための方法というか、暗黙の了解みたいなものはあるんでしょうか?

オズワルド・伊藤俊介:それをね、知っていたら優勝できていたんですよ。

吉岡里帆:そりゃそうだ(笑)。毎回、すごいドラマがありますよね。

オズワルド・伊藤俊介:そうですね。出る順番とかもね。

吉岡里帆:あのくじって本当なんですか?

オズワルド・伊藤俊介:俺らも最初の頃は思っていたんですけど、細工とかはされていないんですよね。だから、奇跡としか言いようがないです。



吉岡里帆


飲みに出るのが大好き

番組の後半では、伊藤のライフスタイルに迫ることに。伊藤が「快適に暮らすために心掛けていること」は「真っ直ぐに家に帰らないこと」だという。

オズワルド・伊藤俊介:仕事が終わったら、1杯2杯飲んでから家に帰りますね。絶対に真っ直ぐ帰ったほうがいいんですけど、行っちゃうんですよね。誰かと喋るのが好きだし知らない人に興味があるんですよね。

吉岡里帆:初めて話す人たちの「そういう風に思ってたんだ」っていうのを知るのって面白いですよね。

オズワルド・伊藤俊介:そうそう。地方とか行くと優しい人に出会ったりもするじゃないですか。滋賀県の米原ってところで泊まったんですけど何もないから彦根までタクシーで行ったんですね。そこで25歳ぐらいの子がチーママをやっているお店で飲んだんですけど、3時ぐらいになったときに「どうやって帰るの」って聞かれたからタクシーで帰るって言ったんですよ。じゃあ「タクシーないで」って言われて。2時3時になったらタクシーがつかまらないんですよ。

吉岡里帆:へええ!

オズワルド・伊藤俊介:そうしたら(チーママの)妹に電話してくれて、10分後ぐらいに18歳の免許取って1週間の子が車で迎えに来てくれたんですよ。

吉岡里帆:すご! そんなことが起きるんですね。

オズワルド・伊藤俊介:その子にホテルへ送ってもらったんですけど、「東京に来たら遊ぼうぜ」って初めて自分から連絡先を教えました。こういうのってめっちゃ楽しいじゃないですか。

吉岡里帆:私も東京だとあんまりワイワイガヤガヤ飲まない派なんですけど、地方に仕事で行くと地方のスナックとかバーとかに行くんですよ。「こんなこと起きる?」とか「そんな食べ物があるんだ」みたいなことが起こりますよね。

オズワルド・伊藤俊介:そうそう。


頻繁に飲みに出る伊藤に対して、交際相手である蛙亭・イワクラはどう感じているのか、吉岡は気になるようだ。


吉岡里帆:毎日飲みに行って遅いことを、イワクラさんに怒られたりしないんですか?

オズワルド・伊藤俊介:ないですね。同業なので。

吉岡里帆:そこらへんがわかるんですね。

オズワルド・伊藤俊介:特に先輩に誘われたときは、間違いなく何も言わないですね。

吉岡里帆:反対に、イワクラさんが遅いときも大丈夫?

オズワルド・伊藤俊介:全然大丈夫。

吉岡里帆:いい関係性!

オズワルド・伊藤俊介:同業ってこんなにも楽なんだなって思いますよ。


『UR LIFESTYLE COLLEGE』では、心地よい音楽とともに、より良いライフスタイルを考える。オンエアは毎週日曜18時から。



吉岡里帆



オズワルド・伊藤俊介×吉岡里帆が対談。「妹・伊藤沙莉を天才だと思った瞬間」を明かす | J-WAVE NEWS
吉岡里帆(エーチーム)、『第45回山路ふみ子映画賞』女優賞受賞|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆(エーチーム)、眞露『JINRO』の新CMに出演|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆(エーチーム)主演映画『ハケンアニメ!』、歴史的傑作映画になった理由|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆 | Instagram
吉岡里帆 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆




吉岡里帆



A&G


吉岡里帆


柳楽優弥主演『ガンニバル』に笠松将&吉岡里帆ら 追加キャスト・コメント解禁

Disney+(ディズニープラス)」にて、「スター」の日本発オリジナルドラマシリーズ『ガンニバル』が柳楽優弥主演で2022年12月28日(水)独占配信される。原作は2018年の連載開始以来、累計発行部数200万部を超える二宮正明が放つサスペンスコミック『ガンニバル』。今回、実写ドラマの第二弾キャストが発表された。



『ガンニバル』追加キャスト


常識が揺るがされるヴィレッジ・サイコスリラー超大作

本作は、外界から閉ざされた村を舞台に常識が揺るがされるヴィレッジ・サイコスリラー超大作。主人公・阿川大悟役には、柳楽優弥。狂気の世界へと誘われて行く警察官を“怪演”する。監督は、片山慎三。脚本をアカデミー賞国際長編映画賞受賞作「ドライブ・マイ・カー」で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した大江崇允が務め、プロデューサーに「闇金ウシジマくん」シリーズを手掛けた岩倉達哉、「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー賞国際長編映画賞を受賞した山本晃久ら日本のトップクラスのクリエイターと俳優が集結した。

本作は、10月24日(月)より開催される第35回東京国際映画祭への正式出品も決定し、ワールドプレミア上映も実施される。



『ガンニバル』


笠松将・吉岡里帆ら、追加キャストが解禁

今回、大悟の家族と供花村(くげむら)を支配する後藤一族らのキャストが発表された。後藤家は、本作の舞台となる都会から遠く離れた山間にある供花村(くげむら)を支配する一族である。

次期当主・後藤恵介役を演じるのは笠松将。笠松が演じる後藤恵介は、代々続く村の掟を忠実に守る非常に冷静沈着な男だが、後藤家を守るためには何をするかわからない危うさを持つ役柄だ。

大悟の妻・阿川有希(ゆうき)役を務めるのは吉岡里帆(エーチームグループ・エーチーム)。柳楽とは、ドラマ「ゆとりですがなにか」以来およそ6年ぶりの共演だ。吉岡が演じる有希は優しい妻であり、母親であると同時に気が強く、家族にとって頼りがいのある存在だ。

また、後藤家一族に倍賞美津子、村人のリーダー的存在に中村梅雀、そして酒向芳、六角精児ら演技派俳優が参戦する。



『ガンニバル』


笠松将コメント

原作の面白さをより強く感じてもらえる映像作品になることを志しました。「後藤恵介」というキャラクターの葛藤が、撮影中の自分自身の葛藤ともリンクして、迷いながらも少しずつ答えを出していったように思います。いや、答えを出すしか無かったという方が適切かもしれません。そうやって追い込まれたことを、自分でも自然と受け入れて、僕を更に高みに引き上げてくれる「後藤恵介」を演じられたことが、30歳を迎える僕にとっていい出会いでした。楽しみにしていただけると幸いです。



吉岡里帆


吉岡里帆コメント

日本各地に残る祭りや儀式といった独自の文化や風習と、ファンタジー色の融合が絶妙な本作。原作を読んだ時の"身の毛がよだつ"という感覚を映像に落とし込める事にワクワクしました。家族の再生物語というベースを大切にしながら、現場では主演の柳楽優弥さんを筆頭に監督やスタッフの皆さんと丁寧に撮影してきました。先日東京国際映画祭への正式出品が決まったとの報告を聞き、これ以上ない場所でワールドプレミアを行えることが本当に嬉しいです。サスペンスとしての構造と、バイオレンス描写のオリジナリティ、登場人物達の心の揺れ方はきっと原作ファンの方にも初めて作品に触れる方にも前のめりになりながら見て頂けるのではないかと思っております。



吉岡里帆



『ガンニバル』公式サイト|ディズニープラス
柳楽優弥主演「ガンニバル」に笠松将&吉岡里帆ら 追加キャスト・コメント解禁 | WEBザテレビジョン
吉岡里帆(エーチーム)、眞露『JINRO』の新CMに出演|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆(エーチーム)主演映画『ハケンアニメ!』、歴史的傑作映画になった理由|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆(エーチーム)、『あさイチ』(NHK総合)出演|エーチームグループ出演者情報
吉岡里帆 | Instagram
吉岡里帆 | エーチーム
エーチームグループオーディション|所属タレント|吉岡里帆




吉岡里帆



A&G

↑このページのトップヘ